放射線測定結果[203]放射能核種検査&調査報告

①生産者・製造者による自主検査

★検査方法
①放射性ヨウ素換算での総放射能量測定(検量限界=20Bq/kgこれ以下の測定値は参考情報)
②核種検査(I-131, Cs-137, Cs-134の核種別定量検査)
*自主検査につき公的な検査報告書ではありません

試料名産地検査日結果 Bq/kg検査機関検査方法備考
ナチュラルミネラルウォーター長野県安曇野市1月12日検出下限値未満環境技術センター
放射能測定グループ
測定下限値Bq/kg I-131=0.4、Cs-134=0.3、Cs-137=0.4
有機大豆2017年度産岩手県九戸郡1月10日検出限界値未満(株)同位体研究所定量下限Bq/kg I-131=0.7、Cs-134=0.9、Cs-137=1.0
原乳静岡県函南町12月13日検出限界値未満日本食品検査検出限界Bq/kg Cs-134=0.73、・Cs-137=0.84、i-131=0.85
測定時間1500秒
マダラ北海道白糠12月24日検出下限値未満しっでぃグリーン放射線測定室検出下限I-131=0.32、Cs-134=0.27、Cs-137=0.29Bq/kg未満

◎静岡・丹那乳業「原料乳」測定結果報告:検出限界値未満

◎長野・東京アート「あずみ野湧水」定期(1月)測定結果報告:検出下限値未満

◎岩手・みちのく有機「有機大豆」測定結果報告:検出限界値未満

◎北海道・しっでぃグリーン「マダラ」測定結果報告:検出下限値未満

 

 

放射線測定結果[203]放射能核種検査&調査報告

①生産者・製造者による自主検査

★検査方法
①放射性ヨウ素換算での総放射能量測定(検量限界=20Bq/kgこれ以下の測定値は参考情報)
②核種検査(I-131, Cs-137, Cs-134の核種別定量検査)
*自主検査につき公的な検査報告書ではありません

試料名産地検査日結果 Bq/kg検査機関検査方法備考
有機大豆2017年度産岩手県九戸郡1月10日検出限界値未満(株)同位体研究所定量下限Bq/kg I-131=0.7、Cs-134=0.9、Cs-137=1.0
マダラ北海道白糠12月24日検出下限値未満しっでぃグリーン放射線測定室検出下限I-131=0.32、Cs-134=0.27、Cs-137=0.29Bq/kg未満
鯵 下拵え済み福島県いわき市9月22日検出下限値未満東林間測定室検出下限I-131=0.35、Cs-137=0.59,Cs-134=0.54Bq/kg未満

◎岩手・みちのく有機「有機大豆」測定結果報告:検出限界値未満

◎北海道・しっでぃグリーン「マダラ」測定結果報告:検出下限値未満

◎福島・三陸水産「真あじ下ごしらえ済み(常磐沖産)」測定結果報告:検出下限値未満
⇒三陸水産取扱商品の安全性(放射性物質検査体制)について
「三陸水産では、放射能検査につきまして、消費者の皆様からのご意見を反映し、基本的に小さなお子様をお持ちのお母様方が、三陸水産で取り扱う海産物を安心して子供たちに食べさせることができるように、子供の成長に不可欠なカルシウムを多く含む食品(しらす干し、干しえび等)等は、セシウムを合算で1kgあたり1Bq以下という厳しい自社基準値をクリアしたもののみを取扱して参ります。
その他の商品につきましては、生産者を守るという観点から概ねセシウムが合算で1kgあたり10Bq以下のものを自社基準値とさせて頂きます。(国の基準値は、一般食品で1kgあたり100Bqです。)」

◎長野・東京アート「あずみ野湧水」定期(12月)測定結果報告:検出下限値未満

◎岩手・無天塾「玄米」「餅米」測定結果報告:検出下限値未満
品名に有機が付いて居りませんが、格付け前の米を検体に使用した為です。
2017年12月4日 ㈱中村商店 蔵野