オススメ商品情報 食品

寒中おでんのすすめ

本カタログの商品のお届け週の週末には、大寒があり、寒さが最も厳しい頃です。冷えは、万病のもと、新型インフルエンザの猛威に負けないように、おなかの底から温めて、免疫力と代謝をアップしましょう。おすすめは、年間鍋ランキング第一位のおでんです。
おでん。その由来は、田楽(こんにゃくや豆腐を串刺しにしてみそを塗った料理)が、露店で、売られ始めた江戸期に、気の短い江戸っ子が「いちいち、みそ焼にするたぁ、しゃらくせい」と、串刺しにした田楽を一度に煮込んで売ったのが始まりとか…。当時は、みそ焼の田楽に対し、「煮込み田楽」と呼ばれ、それが女房言葉で訛った末に「おでん」になったと言われます。
この「煮込み田楽」が関西に伝わり、「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれるようになります。この「関東煮」は関東では、主に庶民の味で、屋台や茶飯屋の食べ物として親しまれ、この時代のファーストフードのような手軽な食べものであったようです。
今や、コンビニのおでんも通年販売されるようもなりましたが、練り物製品やだしには、添加物や化学調味料が、ふんだんに使われています。安全で、美味しいおでんは、やっぱり、わが家の「おでん」です。ポラン広場の宅配ベジタには、極上のはんぺんがおすすめの宮城・高橋徳治商店をはじめ、他、バラエティなアイテムに富む宮城・遠藤蒲鉾、静岡おでん名物の黒はんぺんは、静岡・南伊豆水産、さつま揚げと言えば、鹿児島・カワノすり身店、と、個性的な製造元さんが、勢揃いしています。
もちろん、練り物以外の具でも、大寒卵、昆布、こんにゃく、がんもどき、田島さんの三浦大根など、選り抜きの品々ありです。どうぞ、ご家族皆さまで、寒中おでんをお楽しみ下さいませ。

[3705]直送!! 自生農場の大寒有精卵 20ヶ    1,840円
[1514]冷凍ソフトはんぺん    200g(4枚)    460円
[1510]冷凍おとうふ揚げ   175g(5ヶ)    345円
[1504]鰯ハンペン    5枚    390円
[1502]小竹輪 30g×5    345円
[1928]一穂のこんにゃく 300g  230円