オススメ商品情報 食品

春らんまん お花見弁当

14-214行楽弁当イメージ四季折々の行事の中でも、日本人の心がひときわ心浮き立つ「お花見」。花見の宴というと平安貴族を連想しますが、お花見は農民の間でも行なわれていました。春の農事に先立って豊作を祈願し、桜の下で田の神様を迎え、料理や酒でもてなし、人も一緒にいただくことが本来のお花見の意味だそうです。

お届けの週は、桜前線が関東を通過する頃でしょうか。新学期や新生活が始まる時期でもあり、子どもたちはもちろん、ご家族もちょっと緊張している、そんな時期でしょう。そんな週末は、軽い息抜きがオススメ、お弁当持参で、お花見や森林浴は、いかがでしょう。瑞穂の国ならではのお弁当文化は、子どもたちの心と体を育む大切な文化のひとつ。どうぞ、春の野で、美味しいお弁当をお楽しみ下さい。

●鶏のから揚げレモン●
作り方…①鶏もも肉(鶏むね肉)は一口大に切り、(レモン汁大さじ3、レモン果肉少々、おろしにんにく少々、生姜汁大さじ1、酒大さじ2、醤油大さじ2、卵白1、塩・こしょう少々)で下味をつける。②小麦粉(片栗粉)1/2カップを入れて混ぜて、1時間程度冷蔵庫に入れて、味をなじませる。③小麦粉をまぶして、余分な粉をはらって、170℃の油で揚げる。

●ひとくちステーキ●
作り方…①醤油・酒各大さじ1、酢大さじ1/2、ごま油小さじ1/4 、砂糖・塩・こしょう・すりごま各ひとつまみを混ぜ合わせて、タレを作る。②ヒレ肉に、塩・こしょうをすりこむ。③フライパンをよく熱し、ヒレ肉を入れて中火で50秒焼き、裏返してさらに中火で30秒、その後弱火で10秒熱して火を切る。肉にアルミホイルをかぶせて5分間置く(余熱で火を通す)。④フライパンから肉を取り出し、残った肉汁に(1)を加えて加熱する。全体に火が通ったら火を止め、肉をたれにくぐらせる

●いんげんのごまあえ●
作り方…作り方…①さやいんげんを5cm程の長さに切り、塩を加えたお湯で、5分くらい茹でる②ゴマをすり鉢ですり、醤油・砂糖・酢で味付けをする。③茹でたいんげんを加え、混ぜ合わせればできあがり。

お花見弁当におすすめ

1402 冷凍 ゆうゆう鶏鶏モモ一口カット300g 975
1404 冷凍 ゆうゆう鶏鶏ムネ一口カット300g 760
1306 冷凍 興農牛サーロインステーキ150g×2 2,550
1307 冷凍 興農牛ヒレステーキ用200g(2-3枚) 2,325
0529 味付いなりあげ6枚*2 580
1511 厚焼き玉子250g 595
0146 いんげん100g 290
0140 ミニトマト1P 260

ビールにお酒に、焼酎に

1501 白かまぼこ(うろこちゃん)150g 465
1502 小竹輪30g×5 365

お子さんのおやつ、お茶請けに

2876 北海道皮付きさきいか20g 315
2873 おかき・とうもろこし50g 230
2874 パリポリ昆布22g 315