オススメ商品情報 食品

ひな祭り

4902087111135_2_sub2_l三月三日は「上巳」「桃の節句」などと言われ、厄を人形に移して祓った「流し雛」の風習がありました。それらが発展し、雛人形を飾り女の子の健やかな成長と幸せを願う現在の「雛祭り」となりました。
女の子が産まれて始めての節句を「初節句」といい、嫁方の親が子供の身代わりとなって災いが降りかからない様に、という思いが込められた雛人形を贈ります。雛人形には、厄除けとなる「桃の花」体から邪気を祓う為の「お白酒」よもぎの香気が邪気を祓うといわれる「草もち」人の心臓をかたどり子供の健康を祈る親の気持ちの現れの「ひし餅」自分のかたわれでなければ絶対に合わないことから、女性の貞節を教えた「蛤〔はまぐり〕」などが供えられます。
また、ひし餅や雛あられに見られる白・青・桃の三色はそれぞれ、雪の大地(白)・木々の芽吹き(青)・生命(桃)を表しており、この三色のお菓子を食すことで自然のエネルギーを授かり、健やかに成長できるという意味があるそうです。健やかで、賢く、優しい女の子になりますように、願いを込めて、お祝いしましょう!

日本のお祝い事に欠かせないお赤飯小豆煮汁を使用して炊くので、自然できれいな色調の赤飯に仕上がります。北海道十勝産の有機小豆を使用。赤飯2合炊き用。有機JAS認定品。

晴れの日のお赤飯

作り方…①炊飯器に水洗いしたもち米2合を入れる。②同封の煮汁を入れた後、炊飯器のおこわ炊きの規定量まで水を加える。③最後に煮豆を開封し、豆をほぐしながら入れる。④30分位置いて、おこわ炊きで炊いてできあがり。


ちらし寿司
ちらし寿司は、昔ながらのやさしい味。お家によって、具もトッピングもさまざまですね。わが家の味でお祝いしましょう!クックたかくらの人気商品「チラシ寿司の素」もおすすめです。
作り方…①干し椎茸4枚は、水で戻す。②米3カップは、かために炊く。③戻した干し椎茸は、軸を除いて薄切りにする。にんじん1本とこんにゃく1枚は、3~4cm長さのせん切りに、油揚げ2枚は、湯通ししてから、同じ長さの細切りにする。④鍋に、だし汁1カップ 醤油大さじ3 みりん大さじ2 砂糖大さじ1を煮立て、③を入れて煮汁がなくなるまで煮る。⑤れんこん250gは、薄いいちょう切りにし、鍋に、水1/4カップ、砂糖大さじ3、酢大さじ3、塩少々を入れて火にかけ、れんこんに味を含ませる。⑥卵2個は、錦糸卵にする。エコシュリンプむき身は、酒を加えた熱湯で軽くゆでる。⑦ご飯が炊き上がったら、すし酢を混ぜ、④、⑤を混ぜ合わせる。⑧器に盛り、錦糸卵、えびをのせてできあがり。もみ海苔やでんぶをかけてどうぞ。

海老しんじょのおすまし
作り方…①1エビ200gは、下処理し包丁で荒く刻み、ねばりがでるまでたたく。②エビに、卵白1/2個分、生姜汁少々、酒小さじ1/2、塩ひとつまみを加え、よく混ぜる。③鍋にだし汁800cc、酒大さじ2、醤油小さじ2、塩小さじ1/2を沸騰させ、エビしんじょを8等分して、スプーンでぽとりと落とす。ふわっと浮き上がってから少し煮る。④器に入れ、さっと茹でた菜の花を添える

ひな祭りにおすすめアイテム

0719 冷凍 五目寿司の素(2合用)200g 495
1716 冷凍 鹿児島県産刻みうなぎ50gx2 1695
1719 冷凍 エコシュリンプSむき身200g 1260
2516 干ししいたけ・どんこ(大)45g 820
2156 富士すし酢360ml 600
1806 焼ききざみ海苔20g 470
2016 有機あずき水煮200g 286
2025 有機あずき水煮ダブル上記2P 555←572
0433 竹村さんのまんげつ餅米(白米)2kg 1,482←1,560