オススメ商品情報 食品

正真正銘の手揚げ油揚げ 茨城・嘉倉豆腐

クリップボード01新しいフライヤーに入れ替えるか散々迷ったのですが、今は気持ちを新たに、揚げ物に頑張っています。低温と高温の二槽で、18リットルの菜種油を4本使い、バーナーで温度を上げるのに小一時間…。フライヤーの油は、毎日揚げが終わると一旦抜きます、入れたままにすると、品質劣化(酸化)が早いような気がするんですよ。温度と油の管理、美味しい揚げものをつくるこだわりですね。

納品先は、生協さんや宅配(ベジタ)そして地元牛久市内の小中学校の給食など、クリップボード03コロナ禍でも、会員さんが買い支え頂きありがたい限りです。これからも美味しい揚げ物、豆腐作りに励みます。

「嘉倉豆腐」の油揚げは、ふっくらと柔らかでありながら、しっとりとしていて、大豆の風味がする油揚げに、「油揚げに対する偏見や価値観が変わった!」という人が、いるほどです。それもそのはず、代表の中西さんが、油揚げ専用に仕込んだ生地を、奥さんの芳江さんが一枚、一枚、正真正銘、手揚げをしていくのが「嘉倉豆腐」流、世の中の油揚げは、自動フライヤーで、機械が揚げるのが、ほとんどです。でも、「嘉倉豆腐」の油揚げは、油の状態を見極めながら、高温と低温の二漕のフライヤーを使い分けて、カラッと、しかし、しっとりと揚げるのです。芳江さんは一日に、油揚げ換算で、千五百.二千枚を手揚げしています。クリップボード02

おすすめはオーブントースターで、カリッと焼いて、ネギや大根おろしを乗せ、醤油や七味をかけてみて下さい。大豆の香ばしさが広がり、美味しく召し上がっていただけます。

「嘉倉豆腐」では、品種・等級ともに、粒ぞろいの国産大豆が市場に出回る時期=一番の高値を付けるその時期に、一年分をまとめ買いしています。メインの産地が茨城・栃木です。現在は夫婦二人で、製造を切り盛りしています。

0510 絹豆腐300g 211
0511 ちりめん豆腐250g 233
0512 寄せ豆腐250g 233
0513 寄せ豆腐(ごま) 250g
0514 木綿豆腐350g 211
0515 油揚げ2枚201
0516 すし揚げ2枚入り2枚201
0517 すし揚げ4枚入り4枚401
0518 小揚げ35g×6 211
0519 厚揚げ200g 211
0520 絹厚揚げ250g 226
0521 がんもどき130g 218
0522 小がんもどき35g×3 218