newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2021/04/20)

クリップボード01移ろい行く新緑あふれ、ぬけるような青空が似合う、こんな豊かな色にかこまれる瑞穂の国、いつまでも残して行きたいもの…。駆け足で進む季節にせかされ次々花開き、気ぜわしくもあっても自然は自然!

←カエデ?モミジ?

 

 

カラマンダリン今年も少量で出荷できても少量になりそうです。

4/9:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

 

このまま五月の連休へ向けてがんばります。

4/12:栃木・岸幹郎さん

 

天候が良いのと春の暖かさにより畑地や農場周囲の雑草がとても元気よく伸びて来ています。鶏達も元気で緑餌をたくさん摂取してくれるので、毎日雑草を根元から刈り取り落ち葉や山の腐葉土と一緒に運動場に入れてやります。春芽の美味しいところや根の部分や土などよく食べてくれます。土の中の微生物もたくさん対内に取り込まれ消化がよくなると共に免疫力もアップしてりうように思われます。日照時間も延びてホルモンも順調に働いてくれ産卵率も増加しております。草取りに励んでいる毎日です。健康であることに感謝する毎日です。ありがとうございます。

4/12:茨城/自生農場・小野賢二さん

 

ソラマメが早まりそう。花盛りだが収穫はまだ見通せない。早すぎると他の農作業と重なる。じゃがいもはかなり大きくなった(茎葉)。草とりさえなければ余裕が出るのに草とりで時間がなくなる。

4/12:茨城/常総センター・桜井義男さん

 

あたたかくてすごしやすいけれど、いまいちきもちがはれません。

4/13:栃木・田島穣さん

 

もう少し雨がほしい天候です。

4/12:静岡・山田早男さん