newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2019/07/16)

クリップボード02おかしいなぁ、日照時間が極端に少ない、温度も低い!えっこれって冷夏?ふっとよぎる1993年の冷夏、タイ米を緊急輸入してなんとかしのいだ米騒動…

←空をはモノクロにしたのは?!

 

 

 

ピーマン 成績良好、どんどん出ます
パセリ 雨で根本がくさってしまい終了します
7/8:栃木・粂川米子さん
どうしてこんなに速いものなのか、あっという間に老人になりました。
7/2:静岡/おてんとうさま・渡辺仁さん

分けつネギが成長してバラけてきました、あまり酷くなったら終了します。
7/5(金)の夜に46匹目のアライグマを捕らえた。まだ子供で檻の周りを親がつきっきりでいた。同所で2~3日前に片親らしきクマを捕らえたので父か母かはわからない(殺処分になった)。この46匹目の小グマは市役所に連絡できないでいるうちに誰かが逃した(土、日役所休み、業者休業で4日も間がある)。私の心にアライグマに対して変化が出てきているので、一面ホッとした。チャボを食い尽くされたトリ小屋を見る、首や胴体が食いちぎられたトリ達を思い浮かべて憎しみを沸き立たせ戦ってきた。しかし、これだけ増え、更に増加しようとしているのに対策が後手。国からの予算も出たはずなのに、それをどこにどう使ったのか、周知されていない。アライグマの被害に遭った人(軽微なのか?)も世論にも深刻さが感じられない。いっそ増えることに目をつぶり被害を更に深刻化させた方が目が覚めるのではないかと思うようになってきている。そういう逆接的で投げやりな目で物事を見ることが人々の喚起を湧かせることになりはしないか。事は手遅れ、巻き戻しの出来ないくらいの破綻を招くだろうが…。そうなればアライグマは堂々と市民権を持てる!私はアライグマと一時休戦を考えている。アライグマの捕獲殺処分ではなく、防衛力の強化だ(憲法違反ではない)。近づけない、侵入されない方法。小屋の二重三重の金網化、裾に板を打ち込む。キャロライナ、ジョロキア(激辛トウガラシ)etc.捨て犬を拾ってきてトリ達を守らせる、なんてこと墓脳だろうか?
7/8:茨城/常総センター・桜井義男さん

毎年大木になったビワが良く実り美味しく頂いております。ところがなんとカラスくん達が朝夕に訪問してくれ、にぎやかに実を持ち去っています。そこで長い荷造り用の太いロープを放り投げてみました。用心深い鳥だけにかなり遠慮している様子になりました。坂東市にもイノシシが入り込んで農作物の被害がでている様です。野生動物との共生をどうするのか、これから大きな課題になると思われます。
7/2:茨城/自生農場・小野賢二さん

羽根ぶとんで毎日寝ています。平成5年の冷夏に近い感じです。これから回復してほしいものです。7/15頃から苺の仮植を予定していますが、苗の発生が悪いので数が不足なので、●に遅れる方が良いかと思っています。        7/9:茨城・竹村愼一さん

仕事が山のようにたまっています。草はアーッというまに育って、あと一ヶ月忙しい日々が続きます。何とかやりこめなくてはと思うのですが…
7/9:栃木・田島穣さん
もう少し暑くなるのを待つばかりです。
7/7:栃木/浜田農園・浜田美枝子さん

桃 29週生育が遅れてる為お休みとなります。
7/5:山梨/前嶋農園・前嶋さん

7月なのに涼しい日です。
7/8静岡・山田早男さん