newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2019/09/17)

クリップボード01台風15号の被害にあわれた方々にお見舞もうしあげます。

 

 

←台風の風雨にさらされた白菜苗

 

今夏は雨も降り、干害は心配しなくて良かったのですが、秋雨前線のおかげで日照不足になりそうです。間もなく米の収穫、少し心配です。
9/6:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

先日の台風でネギがすべて倒されてしまったので当分の間出荷できません。 9/10:栃木・島田晴夫さん

台風15号が関東地方に上陸するとのこと。嵐の前の静けさの言葉通り不気味な不安を感じています。今日の午後は鶏舎の廻りや住宅のガラス窓など暴風で被害ができるだけ少なくなる様に雨戸を打ち付けました。サッシは一切使用していない住宅は古いガラスが入った木製の引き戸であり、風速により壊れる事も考えられます。このところ日本列島は風水害が多くなり、被害が大きくなってます。どうか無事に過ぎてくれることを祈るばかりです。
9/8:茨城/自生農場・小野賢二さん

台風15号での被害は葉の大きな作物に出ました。レンコン、ごぼう、里芋など。木が倒され、ゴミ集積所が飛ばされ余計な修理をしなくてはなりません。猛暑も続いて体調が良くない。そんな中で救いはドクダミサラダです。お茶にするのは面倒だし、すぐ腐るので葉を刻んで生で食べています。以前にもこのことは書いています。臭いので変な顔をされますが、これに優薬草はなく、いくら食べても尽きることはありません。1週間で効果も出ます。次回は食べ易い食べ方を紹介します。 9/10:茨城/常総センター・桜井義男さん

あたふたとしながら、どうにかブルーベリーの収穫を終え、今日は除草作業や夏剪定、イラガやミノ虫の除去、それに自宅用の野菜の播種と、まだまだ忙しいです。冷凍ブルーベリー100gの出荷は10月末頃から予定していますが、生の方と同じくヤマトの運賃が上がってしまいます。段ボールの分と合わせての値上げとなり心苦しいですが宜しくお願い致します。
9/10:栃木/浜田農園・浜田美枝子さん