newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2021/06/15)

Clipboard01各地から夏日、真夏日の知らせ…ニホンの夏は、ことさら苛酷、気温が高く湿度もグン…。特にアスファルトと高層ビルに囲まれた都会はなおさら、くわえてコロナ禍…。さて観戦に動員される小中学生たちは…

←落ちそうで落ちない?

 

 

全部終了です、又10月よりレモンよりお願いします。

6/4:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

 

私共の地域では、カラスが繁殖して農作物や地域住民の方々にも何らかの被害があります。そこで市の農政課では、2回にわたり駆除をしました。毎朝鶏舎の周囲で数10羽ほど群れていて、果樹や農作物を食べています。追っても追ってもすぐに来てしまいます。偵察隊でもいるのかもしれないと思えます。その結果このところカラスをほとんど見掛けることもなく、一安心です、被害もなくなりました。人間によって自然の生態系を変えてしまった責任があると反省しています。

6/10:茨城/自生農場・小野賢二さん

 

長ねぎ:一旦休み様子みる。分けつひどくバラバラ。
ずーっと1人農業を続けている、夜中に1人で事務をしている。何もかもメチャクチャだったここ数ヶ月。やっと光が見えてきた。足のケガをした人も、心の病気になった人も回復しつつある。

6/8:茨城/常総センター・桜井義男さん

 

だだちゃ豆種子の発芽率が昨年産のものが異常に悪く定植の進行ペースが遅く推移しております。まだ定植が終了していないため、収量がどのようになるのか未確定ですが、減収見込みとなります。

6/4:山形/庄内協同ファーム・今野さん

 

暑い毎日で生育も前進。麦刈り、田植と重なり、一休み出来ない。

6/8:栃木・鈴木章さん

 

44作目の苺に向けハウスの整理をし、準備にとりかかり始めました。ありがたいかぎりです。「旨い、多収、安全」をもとめ、めざし、相矛盾することをおいもとめ、いまだ道遠くなりにけり、今季は、「旨い、安全」のみ、減収の結果。人生も「健康、経済、幸福」と相似形かもと思います。しかし、百姓を続けるかぎり、おい、もとめます。

6/7:茨城・竹村愼一さん

 

大根:いっぱいあります、たくさん注文下さい。

6/7:栃木・田島穣さん

 

河内晩柑は品質が低下と小玉が多くなり6月20~22日で終了します 甘夏は7月下旬まで予定しています どうぞよろしくお願いします

6/10:熊本/福島柑橘園・福島雄治さん

 

温度が上がり雨が多いので、草刈り作業が多くなります。

6/7:静岡・山田早男さん