newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2018/10/16)

クリップボード01雨が多かった9月、10月になって2週続きで週末は、なんとか雨が降らず、秋の運動会日よりとなり、何より…。10月はこのまま平年並みの天気が続くと良いのですが…

スクラップアンドビルド?!4階建てのビルを大きな重機で解体中…市役所近くの一等地?解体し整地して新たなビルを建てるのでしょうか?映画の一シーンのように爆薬を仕掛けて一気にとは、この日本では行かないのでしょう、放水でホコリを抑えながら、慎重に解体をしているようです。
手前の木造の建物のほうが、解体しているビルよりはるかに古く、いまでも倉庫として使用されている様です。外壁も板張、建具も木製…さてどのくらい経っているのやら、おそらく50年以上?!多少の傷みは出るものの、ちょっとした手直しで補修していく、丁寧に手入れをしながら、使い続けるって大切だと思うのですが…所有は個人であっても社会的な試算、大事な「ストック」と捉えて、使い続けていく。統廃合で使用されなくなった木造の小学校を、リノベーションして、「道の駅」などに活用している事例も聞きます、決して「フロー」のごとく扱っては、社会的な無駄…。        ~Ushioda/ベジタ

台風の風の被害があり、木が倒れたり、稲が倒れたりと、思ったより大きな被害でした。秋の収穫は楽しみです。
10/10:静岡/おてんとうさま・渡辺仁さん

10月8日は寒露と言い、二十四節気の一で草木の露が氷り涼しくなることです。今年の猛暑にはまいりました。いよいよこれからは晩秋に入り里山も紅葉になる日も間もなくです。野鳥たちも夏鳥から冬鳥に里山もにぎやかな声が聞こえて来ます。すでにアオゲラが姿を表し木を啄いています。鶏たちも運動場で気持ちよく砂浴びをし、緑餌としての野菜クズやカボチャ、大きくなった冬瓜など固いものでも、強い嘴で啄き食べてしまいます。ようやく元気になり産卵も向上してきました。ありがとうございます。
10/8:茨城/自生農場・小野賢二さん

先日また強い台風がやってきましたが、10月下旬から出荷予定の「庄内柿」は、幸い大きな被害もなく出荷を迎えることができそうです。〝ホッ〟としました。早生品種の収穫はすでに始まっております。今後何事もないことを願いながら、作業に励みたいと思います。
10/9:山形/庄内協同ファーム・大川さん

人参:日照り、草で10アール廃棄、遅れています。変動多く、安定は11/中頃
ブロッコリー:台風24号で全滅、生き残りが出るか未定。
あまり天災を感じない地域と自負していたが、台風24号にはまいった。ハウスが歪み中に入れない。杉の木が倒れました、30mもの大木が家の裏側に倒れたから良かったが、前に倒れたら、家が真っ二つになっていました。ネギは折れ、里芋、ごぼうは葉が傷められ、大根は枯れました。栗の木は10本以上倒れました。   10/9:茨城/常総センター・桜井義男さん

大きな台風が続き日本全土で大きな被害が発生し被災された皆様へお見舞申し上げます。この辺は幸いにも小さな事ですみました(人にもよりますが)。苺もなんとかまぬがれ、今、葉かきをしながら、虫取りをしています。目が悪くなってきて、小さい虫が見えなくなってきています。食害されているのに見つかりません。もう台風もなくこのままおだやかに秋もふかまればと願います。    10/8:茨城・竹村愼一さん

台風で葉がかなり飛ばされました。さらに色づきが早まりそうです。
10/9:茨城/中根農園・中根彰さん

少しづつ草刈りを始めました。
10/7:静岡/山田農園・山田早男さん