newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2018/06/19)

クリップボード01グラッと来たかと思ったら、群馬で震度5!?グラッに慣れて過ぎてもダメですね、油断大敵!!さてさて梅雨の最中、しばらく不安定な天気が続きそう…ちなみに群馬でこの震度は珍しいとのこと…。

木目に幾星霜経た板壁と不思議な?。梅雨空に風が加わって、歩くのも結構難儀するものですが、意外な風景に出くわすと、心躍るものがあります。この年期の入った板壁に、不思議なカギの手になった受け木?らしきもの、果たして何に使うのやら…大きな蔵の壁なのですが…。この板壁は横に張ってあるのですが、関西では、縦に張ってあるのを見かけます、所変わればですが、それなりの訳あってのことなんでしょうね。
5月6月と、種を播いたり、定植したりと思っていたのですが…4月末に階段落ちをして左手の手首を骨折(レントゲンでは横ではなく縦に裂けるように骨折あ)、利き手ではないので、何とかなるかと思いきや、ギブスと添え木生活…思いの外自由にならず、入力も捗らず…しばらくこの「NEWS」もお休みさせて頂き、ようやく復帰致しました。ギブス・添え木が外れるのに6週間、快復には同じく6週間かかりますよとのこと。確かに6週間固定していた手首、あれっと思うなような動き、リハビリしながら、頑張ります、よろしくお願いします  Ushioda/ベジタ

梅の収穫が忙しそう、梅の豊作年はシソが不作になるのですが、今年はどうでしょう。田植えも忙しい時期となり、トラクターや田植機の音がたえません。
6/11:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

田植えが終わり一安心です。庭のあじさいも美しく咲いています、梅雨入りもすぐです。
6/12:静岡/おてんとうさま・渡辺仁さん

数日前重たいドラム缶をひっくり返そうと思い、倒したら引きずられて、一緒に5~6mの土手から落ちた。回転しながら首がボキッと鳴ったのを感じた。そのまま土手の下で意識がなくなった。しばらくして土手の上に登ったが目の前が暗い、動けなかった。電話が通じないと言うので捜していて、倒れたのを見つけてくれた。救急車の話しも出たが、嫌だと断り、皆を帰らせ一人よこたわって1時間も居た。もしかしたら死んでいたのかも、そう言わせる状況があった。
6/11:茨城/常総センター・桜井義男さん

梅雨入り前の晴天時にニンニクを収穫できました。今、根、茎を切り、日陰にしたハウスで自然乾燥中です。妻も元気になり苺の親苗の草取りに1日2~3時間行けるようになりました。ヒバリのヒナが生まれて苗の株の間中でピヨピヨ鳴いているとのことです。私は酢田の草刈りに、この後苺ハウスの太陽熱処理へと向かいます。
6/10:茨城・竹村愼一さん

トマトいつからでも大丈夫です、もうピークです。あっと言う間にトマトのハウスがまっ赤になりました。
6/11:栃木・田島穣さん

先日お問い合わせいただいたケールですが、新しいブロックが大きくなってきましたので出荷可能です。
6/11:茨城/ハーブスマン’s・福山久之さん

丸々とした実がたくさん熟れて来ました。宜しくお願い致します。
6/11:栃木/浜田農園

天候不順でみかんの木は、冬落葉して悪い状態です。
6/11:静岡・山田早男さん