newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2021/01/19)

クリップボード02暖冬なれした体に、この冬の寒さと寒暖差はこたえますね。加えてコロナの感染拡大、まだまだ厳しい状況が続きそう…。密を避け、マスクをし、手や指の消毒につとめ、そしてしっかり食べて十分な睡眠…

←踏まれて寒さに耐える!?…

 

 

鶏舎はすべて四面開放で作られているので冬の寒波はてても厳しいものがあります。このところ毎日朝の気温が-5℃~-7℃位まで低くなり、水桶と水道の蛇口はカチカチに凍っています。そこで薪ストーブで沸かしたお湯をたっぷり持って行き、水道管に掛けて溶かしています。ところが先日はなんど水道管が破裂して大きく破損しておりました。なかなな思うような部費が品切れで1日遅れで修理が完了しました。いつも500㍑入りのタンクに水を溜めてあり使うことができ一安心でした。水の有り難さと共に節約して使うことが大切だといつも考えている今日です。
1/14:茨城/自生農場・小野賢二さん

 

お世話になっています 本年も宜しくお願いいたします。新年になっても景気のいい話しもなく、話題はコロナばかり…。数年に一度の寒波と緊急事態宣言発動。先が思いやられる一年になりそうです。
1/8:山形/庄内協同ファーム・今野さん

 

新年をおだやかな快晴で迎えられたこと何よりです。例年のように元旦早朝に加波山にのぼり、山頂社殿にて祈願し、ホラガイを鳴らしてきました。又郷宮にて「火渡り」をし、一年の厄を払ってきました。いつものようにできることが、ありがたいことです。苺の管理に努めます。    1/4:茨城・竹村愼一さん

 

昨年もいろいろお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い致します。甘夏、春みかんセット、パール柑などよろしくお願い致します。
1/5:熊本/津奈木甘夏生産者の会・西純代さん

 

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
1/5:青森・ナチュラル農究

 

本年も何卒宜しくお願い致します。
今週末から出荷をさせていただく予定でしたが、この冬の寒さが厳しすぎて、小松菜、パクチー、ミント、ローズマリー等々・・・凍りついて葉が萎れたり、ほとんど生育しない状態が続いています。誠に申し訳ありませんが、もう少し時間をいただき再開のめどが立ってからお願いしたいと思います。本当にすみません。
1/13:茨城/ハーブスマン’s・福山久之さん

 

のんびりした正月です。今年も宜しくお願いします。
1/5:静岡・山田早男さん

 

2020年 の長雨と猛暑による農業被害
前回は人参 と長芋の被害状況 をお知らせ しましたが、今回はゴボウについての報告をします。一般に葉菜類や果菜類 は可食部が地上に出ているので被害は目視で分か¥りますが根菜類は地面の下なので掘り取りしてみないとわかりません。地下深く伸びるごぼ うはその典型です。長く続いた雨と猛暑による乾燥で地下に硬い岩盤の層ができ、その層をゴボウが通り抜 けられずに短根のものが多く商品価値がありませんで した。勿論出荷できません。硬い岩盤を貫くことができたゴボウでも掘り取りの時に途中で折れてしまいこれも出荷できませんで した。作付面積がいくら多くても出荷量はごく少なく生産者を悩ませました。2名ほどの生産者は収穫を断念しました。写真 2枚は収穫されたゴボウとその畑です。殆どが10~20センチに寸断されたものばかりです。畑を見るとわかると思いますが、右側から掘り取りを始めましたがまともなゴボウが出てこないので左の道路側を掘ってみました。やはりだめでした。残りの畑10アール分くらいは放棄し収穫しないことにしました。
1/13:茨城/常総センター・桜井義男さん

クリップボード03        クリップボード04