newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2020/05/26)

クリップボード01おだやかなと思いつつも見上げれば曇天、日照ゼロが5日間も続き、40年ぶりの記録…おのずと外出控えこれも「自粛」…。さぁ青空!野に出て、薫風、日光、たっぷり、気持ちも晴れ晴れ、リフレッシュ!。これって新たな「ライフスタイル」?。

←新緑といつつも緑のグラデーション豊か

先日は31度、日本最高気温でした。夏の暑さが心配です、熱中症に注意!
5/16:静岡/おてんとうさま・渡辺仁さん

今年の自家菜園畑は近年にない出来映えに驚いております。それは今年に入ってからある厚生施設から出る生ゴミをもらい、モミガラの中に光合成細菌と鶏糞そして里山の腐葉土を混ぜ、サンドイッチにして堆肥作りをしてみました。2ヶ月位経過したものを畑地に散布して耕耘し作付をしました。それは見事に大成功し、タマネギ、大根、小松菜、春菊、そしてジャガイモ等見事に生育しています。鶏舎の中にも光合成細菌入りモミガラと腐葉土を混合して毎日入れています。すこぶる体調がよく元気です。ありがたいことです、続けて行きます。
5/21:茨城/自生農場・小野賢二さん

蓮根 種レンコンの掘り取りの時、芽がとれてしまったレンコンを出荷、変動ある
空豆 生育悪くどこまで続くか定まらず、収穫出荷の変動大きい
さつまいも種をアライグマに食べられる被害が広がっています。現在3人が被害を受けています。1/3も食べられては苗が不足する、またはかなり植え付けが遅れる可能性が出てきます。イモ床に管理機を置き、エンジンをかけっ放しにしたが、燃料が切れると食害を受けた。灯油ランプ効果なし。激辛とうがらしには近づかない、食べないので効果なし。箱型ワナに入っても体が大きいのか、エサだけ食べて逃げてしまう¥。現在最も効果的なのは粘着性のネズミ取りを床を囲むように置く。ラジオをかけっ放しにしておく。今のところこの2点でアライグマを防いでいる。
5/19:茨城/常総センター・桜井義男さん

苺は5/18の週をもって今季最終です。ハクビシンの食害を受けているので、欠品もあるかと思います。申し訳ございません。田植えも終わり、庭先下の水田一面から蛙の大合唱が夜空に響きわたっています。先日、知人から本が送られてきました。農民が出版したものです。すごいですネ!お礼をどうしようかと思ったら、中に振込用紙の青色が入っていました。心配しなくてすみました。本を出す方は、本当にすごいですネ!
5/12:茨城・竹村愼一さん

色々な出来事が多いですが、季節は毎年同じように進んでいます。 5/11:静岡/山田農園・山田早男さん