newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2024/05/14)

《220》ほぼ天気予報通りの天気…吹き抜ける風、やわらかな日射し、微妙な違い、体感を味わう…。麦揺れる風、しっとりとした土の感覚…。まだまだ数値やAIでは、表せないと思いたところ…。でもきっとそんなことも可能となるのかも…。可能となるならば強烈な放射線が、一瞬にして無害となる?さてそんなときはくるのだろうか?1万年の時が必要か?

《219》暑いくらい?幸いかな風がまだ春のなごり…。好天が続き大型連休、色彩あふれ目にもやさしい緑のグラデーション、この時期ならでは…。足元に目をやれば、足下の土には微生物など何十億の生命体の営みがある…。像に踏まれた蟻も、抗いの声を揚げる、傾聴すべき声を、聞こえぬふりをしてよいものか?

 

この時期(5~6月)は、ただ働くだけの日々が続き、身体中が痛い。去年2回田んぼの桟橋から落ちて、鉄管パイプに当たってから歩行がつらい。

5/6:茨城・常総センター・桜井義男さん

 

グリーンピース、スナップエンドウ、きぬさや
放任栽培は草だらけで大失敗。楽しようとしたのが裏目。

5/7:栃木・鈴木章さん

 

大根すみません、17日までお休みにさせてください。露地物の生育が遅れいて、間があいてしまいます。小松菜とチンゲンサイ、雨でうたれたので今回お休みになります。スナップエンドウ、予定通り出荷できます。
予定がなかなかうまくいかなくてすみません

5/8:栃木・田島穣さん

 

お茶刈りが終わり、田んぼの準備をしています
5/5:静岡/山田農園・山田早男さん