newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2020/12/22)

クリップボード01霜もまっ白?風もめちゃ冷たい!日本海側、山は大雪!雪に閉じこめられた人達が無事でいられますように…。今年も余すところ半月ほど、記録更新して1000人なんてならないよう、祈るばかり
←https://omatomesan.com/tokyo-covid19/より

 

 

 

 

レモンは、B品が7割位いでています。A品が少なくて対応ができていません。
12/11:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

今年の春に知人から菊芋、ヤーコンの種をもらいました。菊芋は終戦後の食糧不足には、とても役に立ったとのことです。その名残が河川の土手などに自生していて黄色の菊の様な花が咲いています。とても生命力があり、キク科の多年草です。ほとんどが白色の生姜に似ていてテンプラや酢漬け、みそ漬けなどてとても美味です。今年は赤色の種をもらいましたので楽しみにして昨日掘ってみました。素晴らしい芋が収穫でき、おいしくいただきました。大切に保存したいものです。ありがとうございました。
12/9:茨城/自生農場・小野賢二さん

ごぼうと長芋が過剰です。1人は全くダメ、残りの人はまぁまぁの線です、里芋は終了まじか。
12/14:茨城/常総センター・桜井義男さん

先日、新語、流行語大賞が発表されました。「密」ということでしたが、あれは新しい用語とかでないとダメなのでしょうか?今年はダントツ「コロナウィルス」だと思うのですが…。いずれにせよ、マイナスなイメージを持つ言葉が大賞というのもどうかと。来年は明るい話題の言葉が大賞になることを願いつつ「3密」を避け、ソーシャルデイスタンスを守り、感染予防に努めたいと思います。
12/12:山形/庄内協同ファーム・今野さん

苺の出荷が始まりました。偶然にも虫対策がうまくいき、今まで化学農薬なしの無農薬できています。植物の煮汁にジャムダムオイルを混ぜてやり、ヨトウムシだけは食害されている株をみつけると手取りをしてきました。今だに取っています。
12/15:茨城・竹村愼一さん

今年は6月の50年に一度の大雨で、土壌中の水分が多すぎて酸素不足で生理落下で、どれも不作になってしまいました。レモンもB品のみの扱いです。年明けはネーブル、八朔だけになると思います、ご了承下さい。    12/17:熊本/福島柑橘園・福島雄治さん

乾燥して今日は砂埃がすごいです。
12/14:静岡・山田早男さん