newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2024/02/13)

《207》立春過ぎ「春」と思いきや様々な影響をもたらした「大雪」…日中は暖かさがもどり、どうもこのまま春の陽気が続く模様…。暖冬とは言われていましたが、天候ばかりはどうにもならず畑の野菜たちや梅などにも影響がでている?きっとウグイスたちは、今日は暖かい?どこの梅が咲きだした?おっと蛇が隠れているぞぉなどと、さえずりあっているのかも…。遠い古の時代、人類たちは、鳥たちのさえずりから、「情報」を受け取っていたとか?さて人類は進化したのか?

《206》週明けに「警報級の大雪」?この時期特有の「南岸低気圧」の影響で、雨、ないし大雪の予報…。備えあればと、年に多くて数回の降雪に冬用タイヤ。これとて万能ならず、立往生のやむなき?!とならぬよう…今回の能登半島地震で「道路啓開計画」が耳なじみになり、でも今回はそれがなかったとか?大雪で立往生そして大渋滞、これも事前の対応策をあれこれ講じておくってありでは?…

 

ほうれん草 11日の出荷で終了。3月10日前後頃から再開予定。

2/9;栃木・島田晴夫さん

 

地震の被害を見て、能登の先々はどうなるのか?どう考えても忘れ去られる気がする。三陸は、福島は、熊本は、秋田の水害、真備町の水害はもうニュースにもならない。天災の、自然現象も人災で被害がひどくなる。

2/5:茨城/常総センター・桜井義男さん

 

苺が谷間となり欠品が続きご迷惑をおかけしています。12月の高温、好天で一度に開花し紅くなってしまい、2番果(腋花房)との差が出てしまったためです。少しの間こらえてください。

2/5:茨城・竹村愼一さん

 

春みかんセットは種類が5種類ありません(そろいません)ので今期はお休みさせて下さいませ。

2/6:熊本/津奈木甘夏生産者の会・西純代さん

 

筍が猪の食害の被害にあっています。

2/5:静岡/山田農園・山田早男さん

 

1/20わが市の優良農業者の団体が講演会を開きました。代表が2級先輩の方で広報公開する1か月前に偶然会ったところ、コピーした講演会の紙切れを渡し、「来てくれや100人集めなくちゃカッコツカネーダ」と言われました。内容を見てびっくり「鈴木宣弘」〈すずきのぶひろ)とあるではないですか。「ヨグこんな先生よべだごど」と口をついて出てしまいました。対米自立。日本食料自給の確立。などマスコミでもいつもぶれることなく発言されている方です。CIAから狙われはしまいか心配する方です。
今回も「食糧安全保障」のことをデーターを基に講演されました。
ミーハーな私は、前に買って読んで持っていた著書「食の戦争  米国の罠に落ちる日本」を持参し、講演終了後控室を訪ね仲介人を介してサインをお願いしたところ、入室させていかだき本にサインしていただきました。オマケもつきました、私が「百姓のヤマタケ」(山に竹の字.変換できませんので)の名刺を出してお願いしたら「わたしも。おまちください。」と名刺をいただきました。
他にも著書がありますので、興味のある方は、「WTOとアメリカ農業」「食料を読む」「現代の食料.農業問題ー誤解から打開へ」「日豪EPTと日本の食料」
どれも内容的には、このままでいると日本は、日本人は食料も自給できず、健康も害され滅んでしまう的内容です。陰謀論ではなく、陰謀を具体的に述べています。我々だけでなく政治と一体とならないと日本国、日本国民は滅ぶ、今その過程にある、進行中であること間違いないようです。不安になり眠れなくなるような方には、お勧めできません。

2/5:茨城・竹村愼一さん