newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2018/10/23)

クリップボード029月の曇天・雨続きを引きずっているのかなぁ?秋晴れが長続きしないようです。夏を思い起こす日差しがあったかと思えば、冷たい北風が吹き、セイタカアワダチソウの黄色が一斉に広がり、里山も少しずつ色づきはじめてますが、もう少し暖かな日差しが欲しいなぁ…。、

稲刈り目前?…おそらく9月早々に稲刈りが終わった田んぼの現在の姿です。ひこばえが程良く色づき、中には頭を垂れている稲もあるほどです。あちらこちらで元気なひこばえも、ロータリーをかけられ、うない込む作業が始まっていました。9月の長雨で刈り取りが遅れていた晩生の稲刈りも始まり、田んぼの季節も最終章に入ったようです。  ~Ushioda/ベジタ

みかんも不作、レモンも不作、開店休業中です。
10/17:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

稲刈りが終わり、自然乾燥(はざ掛け)しています。稲刈り機の調子が悪く、たいへんでした。毎年いろんな事があります。
10/17:静岡/おてんとうさま・渡辺仁さん

人参は、予定通り10/27頃再開予定です。
10/17:青森/みちのく有機/斎藤さん

エンサイ、伸び出しましたが、霜のおりるまでですね。金時草は、終了します、伸びないので。はちや柿、もうできていますが、今年は少ししかなってません、暑さで落ちてしまいました。
10/16:栃木・粂川米子さん

今日の午前9自頃より県西家畜保健所から農場の巡回と10羽分の採血をすると共に鶏舎内の菌体検査に来ました。鳥インフルエンザやサルモネラ等の調査に来ました。10日間位で結果がわかるとのことです。32年間調査していますが、すべて陰性でした。少羽数で平飼い開放鶏舎での飼育は、如何に良好な形態であるかと言うことです。今年の猛暑でも何の支障もトラブルもなくすみました。保健所の結果報告通知が来ましたら連絡します。ありがとうございます。
10/17:茨城/自生農場・小野賢二さん

庄内柿の収穫が始まりました。作柄は今のところ例年並となりそうです。これから脱渋作業をして出荷に供えます。 10/16:山形/庄内協同ファーム・大川さん

また農機具を盗まれてしまった。刈り払い機、チェーンソー(2台)、鉄管切り、バッテリー、その他も気づかないだけであると思う。安くて高性能の防犯カメラ5台購入。もう許さない、犯人を捜す。
10/16:茨城/常総センター・桜井義男さん

苺のハウスのビニール被覆やマルチ張りの時期を迎えています。しかしながら女房が心臓の○を抜いたのでバイパスが自然にできるまで1ヶ月かかるので少しお休み中です。でも仲間が人手を回してくれたり、知人が応援してくれる事になったり、と助けて頂いています。紅い実が今年も成ってくれるようになると思います。ありがたいかぎりです。多方面に恩返ししても直接しなくても廻るのが縁なんですねネ。
10/15:茨城・竹村愼一さん

上記のWeekには該当しませんが、12月初旬よりスィートスプリングの出荷、中旬が金峰の出荷が始まります。
10/13:熊本/津奈木甘夏生産者の会・西純代さん

24号台風で柿の木が塩害の被害になったようです。南側の葉が茶色く変色しました。知人に言われて知りました。海から40km位はなれているのに。
10/16:茨城/中根農園・中根彰さん

雨続きで稲の作業が遅れています。
10/14:静岡/山田農園・山田早男さん