newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2017/10/10)

クリップボード01ひと雨ごとに、気温が下がる?そんな秋です。晴れればさわやかな秋空が広がります。みのりの秋たけなわ?、お米はちょっと気がかりな出来のよう…。

そろそろ日が傾きかけた空?!雲一つない秋空って今年はあまりお目にかかれなかった?まるで秋も「春に3日の晴れなし!」のように晴れが続かない…でも適度にお湿りがあって晴れて気温が上がるって、作物にも良いのかも知れません。さてさてこんな天気が、後々どんな影響をあたえ作物がどんな出来になるんでしょうか?
秋空はいつの時代も同じだったのかなぁ、ずっとこれからも…空と違って人の世は分からないものかも知れない。かつて「戦後は終わった!」と言われ「善意と無限の可能性」を信じることができた、昨日より今日、今日より明日、少しずつではあっても、良くなると漠然と思えた。今でもそうありたいと思うのですが、どうにも時代の風はアゲインスト…道端で遊ぶ子どもたちの歓声、公園をかけずり回る姿に、「昨日より今日、今日より明日」と言えるのだろうか、と頭の片隅をよぎって行く…。でもでも子供たちはきっと良い選択をする、そう、そのために、今、確かな選択を、ささやかではあってもしたいもの…
Ushioda/ベジタ

秋祭りが始まり秋本番。稲刈りもあちこちで急ピッチ、レモンが少しずつですが、入り始めました。みかんも11月から、忙しくなりそうです。
10/2:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

やはりと言う気持ち。先日の健診の結果が良くない。またガンの疑いがある。主治医と相談して下さいという通知でした。大変なこと、つらいこと、嫌なことが今集中的に身にふりかかってきていて、心がおだやかではありません。
10/2:茨城/常総センター・桜井義男さん

私共の卵を食べて下さっているお客様が是非共農場見学をさせてもらえないかと連絡がありました。5年ほど前からご支援いただき初の来場です。石川県能登の方で茨城旅行に来られ立ち寄られました。6人のグループで共同購入しておられ、ご一同様に初対面できました。食を通して深い信頼が産まれ、お付き合いが出来るとうことの素晴らしさに感動しました。運動場で自由に動き回っている鶏たちに緑餌を与えて鶏との交流ができたことを喜んでおわれました。1時間ほどでしたが再会を約してお別れしました。生産者として最高のよろこびをいただきました。感謝してます、ありがとうございます。
10/3:茨城/自生農場・小野賢二さん

庄内柿ですが早くて44週からになりそうです、46週まで続く予定です。よろしくお願いします。
10/2:山形/庄内協同ファーム・大川さん

ニンニクおかげ様で完売いたしました。ありがとうございます。
稲刈りがようやく終わりました。平成5年の冷夏のときのようです。周りの話では、6.5俵±0.5俵。マイナスの方のほうが多いようです。中には、5俵の話も聞きます。機械の整備をして、苺の葉かき。ビニールの張替え。と続きます。もち米を多く作付けましたので、業務用とかに、よろしくお願いいたします。皆さん。のんびり温泉にでもいきてーなあー。
9/25:茨城・竹村愼一さん

今年はサビダニの被害が酷く、少ない量がもっと少なくなります。
10/3:静岡/山田農園・山田早男さん