newsvegeta's VEGETABLE NEWS (2018/10/09)

クリップボード01また台風…、何度目か、その都度少なからぬ被害をもたらす、おそらくずっと続いてきたんだろう…。9月の日照は記録的な少なさ、そして雨が多く、畑のやさい達も悪戦苦闘…旬の時期になって、「何であの野菜が少ない!?高いの?」…そうなんです、数ヶ月、半年前の天気が影響しているのです。

今年はコスモスがたくさん咲いている…道ばたやお庭などで見かけるコスモス、どちらも良く咲いている、秋の青空に良く似合う花です。先日このコスモスが咲いている近くで道路を横切るイタチ?タヌキ?をみかけて、ちょっとビックリ!!昼間だし、何れも夜行性のはずだから、それ以外の動物なのかも…  ―Ushioda/ベジタ

各地で大きな被害の出た台風。今回も愛媛は左側となり、大きな被害は出なかったようです。毎回こうだと良いのですが…。
10/1:愛媛/愛媛有機農産生協・稲田さん

これから掘り取り予定の圃場も病気が出ていたのですが、先日の台風で雨と風により一気に病気が広がってしまったようです。10/25あたり次の圃場収穫予定です。
10/4:岩手/みちのく有機(共同商事)・斎藤さん

台風24号が10月1日の未明に関東地方を直撃しました。早めの対策とのことで30日小雨の中で住宅の南側にあるガラス窓に雨戸の代わりにヨシズを張りました。安普請で建てたものでガラス1枚の建具です。飛来物があたればたちまち風雨にさらされてしまいます。今回の台風の風速は25m~30mとのことで心配しながら見守るしかなかったです。結果は功を奏しまして無事でした。農家の皆さんはキャベツ、ハクサイ、レタス等の定植をされた時期だけに心労が重なっていること思われます。どうか被害のないことを祈るばかりです。農場の鶏舎は開放ですので雨水が少々入った程度で軽くすみほっとしています、ありがとうございます。
10/2:茨城/自生農場・小野賢二さん

台風24号では実が多少落下し枝も折れたりもしました。でもこれくらいでとホッとしています。早生富有柿は色づき始めています。
9/25:茨城/中根農園・中根彰さん

万願寺は虫が実の中に食い込んでダメです。ナスは一部カメムシの食害がでていますが、日照不足で肥大しません(その後台風24号で全滅)。白菜の定植は無事、でも大根は8月21日播種のものもがシンクイ虫で壊滅です。その後に播いたものは今のところ順調です。棚田の稲がイノシシの食害で、30aのうち5a収穫できただけでした。イノシシは沢ガニやザリガニを食べ
出てくるんです。
9/29:栃木/藤田至善農園・藤田芳さん(聞き取り)

先日久しぶりにみかん園の草刈りを少しやりました。ほとんど枯れてわずかに木が残っていますが、もうみかん作りとは言えない状態です。
9/30:静岡/山田農園・山田早男さん